観て 食べて 学び ふれあう 優美で優雅な癒しの空間
松花堂庭園・美術館 お問い合わせ
コンテンツ
松花堂庭園・美術館
主要な催し物
庭園のご案内
庭園散策
春の庭園
秋の庭園
入園料・施設使用料
松花堂グッズ
松花堂昭乗物語
松花堂弁当の起源
松花堂弁当の起源
休館日・開館時間
アクセス・交通
サイトマップ
リンク
個人情報保護法に基づいて
やわた市民文化事業団HOME
主要な催し物
※拡大マーク拡大マークが付いた写真をクリックすると、拡大チラシ(PDF)がご覧いただけます。
平成28年度 館蔵品展Ⅱ 【小特集】生誕130年 吉井勇
現在開催中の展覧会は、
平成28年度 館蔵品展Ⅱ 
 【小特集】生誕130年 吉井勇

です。

 
展示リスト(PDF)はこちらです
 吉井勇(1886〜1960)は、大正から昭和の時代に活躍した歌人で劇作家です。東京に生まれ、後年は京都で過ごしました。昭和20年(1945)から約3年間、八幡月夜田に寓居し、八幡にちなむ歌も多数残しています。このたびの小特集では吉井勇の生誕130年を記念し、八幡の思い出を中心にその作品をご紹介します。また、当館ゆかりの松花堂昭乗(1584〜1639)の忌日(9月18日)にちなみ、菩提寺である泰勝寺(八幡平谷)に伝わる四つ切塗箱など「松花堂会」ゆかりの作品や、館蔵品を中心に秋にちなむ作品など、総数約50点を展示します。

会期 : 平成28年910日(土)〜1010日(月・祝)

 ・開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
 ・休館日 : 月曜日
 ・入館料 : 一般400円・学生300円・高校生以下無料
         (20名様以上団体2割引)〈庭園共通券〉一般760円・学生570円

 ☆ 吉井勇と八幡 こぼれ話<ミニトーク> : 「小特集」にまつわる短いお話
     9月25日(日) 午後2時より(約30分) 展示室にて
     講師 : 古川 章 氏(エッセイスト)
     *参加無料(観覧料が必要です) / 要申込
     *申込方法 : お電話またはご来館にて事前にお申し込み下さい
               定員(15人)になり次第、締切となります

 ☆ 学芸員と一緒に作品を鑑賞してみませんか(ギャラリートーク)
     9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)
     各日午後2時より展示室にて
     *申込不要(観覧料が必要です)

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 Tel:075-981-0010
第34回 松花堂忌茶会
松花堂昭乗の遺徳を偲ぶ茶会を開催いたします。
  

日時 : 平成28年10月9日(日) 午前8時40分〜午後2時40分 (予定)
茶席券 : 5,000円(本席券、副席券、点心席券付)

流派、場所等 : 
  本席 裏千家流 (薄茶席) 庭園茶室「松隠」
  副席 裏千家流 (薄茶席) 庭園内別館2階 立礼席
  点心席             吉兆 松花堂店

茶席券は、完売いたしました。

お申し込み:
 ・松花堂庭園・美術館      075-981-0010
 ・八幡市文化センター      075-971-2111

お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 Tel:075-981-0010

主催 松花堂月釜会 八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)
国宝指定記念 特別展 石清水八幡宮をめぐる8つのエピソード
次回開催予定の展覧会は、
国宝指定記念 特別展
 石清水八幡宮をめぐる8つのエピソード

です。

 
 
本年2月9日、石清水八幡宮の本社が「国宝」に指定されました。
貞観元年(859)、宇佐より八幡神が勧請されて以来、男山の地で1150年を超える歴史を刻みます。現在の社殿は、寛永11年(1634)に徳川家光によって造営されたものです。
この度の展覧会では、8つのエピソードをひもときながら、石清水八幡宮の歴史をご紹介します。

会期 : 平成28年1029日(土)〜1211日(日)
       前期 : 10月29日(土)〜11月20日(日)
       後期 : 11月22日(火)〜12月11日(日)
      *会期中、展示替えがあります


 ・開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
 ・休館日 : 月曜日
 ・入館料 : 一般600円・学生500円・高校生以下無料
         (20名様以上団体2割引)〈庭園共通券〉一般940円・学生750円
     ☆ 石清水八幡宮 特別共通拝観券(特典付) 1,280円
     ☆ 平成28年度 秋期京都非公開文化財特別公開
         [庭園・特別展共通券] 一般・学生800円 高校生・中学生400円
         期間 : 10月29日(土)〜11月6日(日) 
         主催 : 公益財団法人京都古文化保存協会

★ 講演会 「石清水八幡宮本社にまつわるエピソード −文献が語る知られざる歴史−」
     講師 : 鍛代 敏雄 氏(東北福祉大学教授)     
     日時 : 11月20日(日) 午後1時30分〜3時(終了予定)
     会場 : 松花堂美術館 講習室
     定員 : 80名(要申込)
     参加費 : 無料、展覧会をご覧になる方は観覧料が必要です
     申込 : お電話またはご来館にて事前にお申し込み下さい

★ スペシャルギャラリートーク : 石清水八幡宮神官によるみどころ解説
     11月5日(土)、11月26日(土)、12月3日(土)
     各日午後2時より展示室にて
     *申込不要(観覧料が必要です)

★ ギャラリートーク : 学芸員によるみどころ解説
     11月3日(木・祝)、13日(日)、23日(水・祝)
     各日午前11時より展示室にて
     *申込不要(観覧料が必要です)

展覧会の特設ブログがスタートしました!
ブログ「国宝指定記念 特別展 石清水八幡宮をめぐる8つのエピソード」


平成28年度 秋期京都非公開文化財特別公開

※ 当館の公開期間は10月29日(土)〜11月6日(日)です

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 Tel:075-981-0010

主催 : 八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)
共催 : 石清水八幡宮
松花堂昭乗研究所 研究報告会
松花堂昭乗研究所の特別講演会を開催いたします。
一般の方の聴講も歓迎いたします。ふるってご参加下さい。



松花堂昭乗研究所では、作品や資料を通して松花堂昭乗に関する研究活動をおこなっています。
この度の特別講演会では、講師として橋本政宣氏(東京大学名誉教授・舟津神社宮司)をお迎えし、昭乗が過ごした近世初期の男山をとりまく状況について、神社史、公家と武家の交渉の視点からお話して頂きます。

「石清水八幡宮と松花堂昭乗」(仮題)
  講師 : 橋本 政宣 氏(東京大学名誉教授 ・ 舟津神社宮司)

日時 : 平成28年1030日(
             午後1時30分〜午後3時 (終了予定)


会場 : 松花堂美術館 講習室
参加費 : 300円(資料代 *当日徴収)
定員 : 80名

申込方法 : お電話もしくはご来館にて、事前にお申し込み下さい

※松花堂昭乗研究所については、「松花堂昭乗研究所.ねっと」にて活動内容を紹介しております。

お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館  Tel : 075-981-0010
やわたこども書道教室
平成28年度書道体験教室
やわたこども書道教室の参加者を募集します

書の達人、松花堂昭乗ゆかりの松花堂庭園・美術館において、書道体験をしませんか?
初めて筆を持つこどもたち、大歓迎です!
みなさまのご参加を、お待ちしております!

開催日   : 平成28年10月15日・11月5日・11月19日・12月3日・12月10日
          平成29年1月21日・1月28日・2月4日・2月18日・3月11日

 
         各回とも、午前10時〜 (所要時間 60分〜90分)       

       * 合計10回、いずれも土曜日に開催します
       * 日時は変更になる場合があります

場所    : 松花堂美術館 別館(松花堂庭園内)
受付日時 : 9月10日(土) 午前9時より (定員になり次第、締切)
参加費   : 5,000円 (全10回分)
対象者   : 八幡市内に在住、在学の小学生
定員     : 20名
申込方法 : 電話・来館にて受付 (前回参加者の応募はできません)


【お申し込み・お問い合わせ】 
 八幡市立松花堂庭園・美術館 Tel:075-981-0010

後援 : 八幡市教育委員会
昭乗広場 DE フリマ
今年も、「昭乗広場DEフリマ」を開催します。
掘り出しものが一杯のフリマにご期待ください!


 日時 : 平成28年919日(月・祝) 10時〜13時
※雨天の場合は、9月22日(木・祝)に順延いたします。

22日(木・祝)に順延予定としておりましたが、
雨が想定されるため、中止とさせていただきます。

「昭乗広場DEフリマ」は、12月4日(日)に開催予定です。
11月中に文化事業団だより・HPにて再募集いたします。


 場所 : 昭乗広場(松花堂庭園・美術館敷地内)
 お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 【Tel : 075-981-0010】
 
国指定 名勝「松花堂及び書院庭園」
松花堂庭園の内園及び内園に通じる通路周辺が名勝に指定されました。
指定範囲は、草庵松花堂や泉の坊書院、東車塚古墳後円部の
築山などで構成される内園全体と、東高野街道に通じる松花堂旧正門
から女郎花塚を経て内園に通じる石畳周辺(内園導入部分)です。
これにより松花堂庭園では、昭和32年に指定を受けた国指定史跡
「松花堂及びその跡」
とともに、国指定名勝「松花堂及び書院庭園」
が、国の重要な記念物(文化財)として登録されることになりました。
◇名勝指定
松花堂及び書院庭園は江戸時代後期の遺風を伝えるとともに、近代に特有の
景物の在り方が随所にみられ、その芸術上の価値および近代日本庭園史に
おける学術上の価値は高く、名勝に指定し保護を図るものです。
◇松花堂及び書院庭園の構成
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部
2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭
3.書院の東西に展開する枯山水
4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など
の計4つの部分からなります。
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部

 

2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭



3.書院の東西に展開する枯山水



4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など



 
松花堂 月釜会
松花堂昭乗の遺徳を偲び、毎月第2日曜日に開催するお茶会。
一般の方もご参加いただけます。

【日時】毎月第2日曜日
午前10時から午後3時
※1月8月10月は開催しません。
【場所】庭園茶室「松隠」
※お茶席は変更する場合があります。
【席料】800円(お菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075−981−0010
松花堂 日曜茶席
日曜茶席松花堂庭園の茶室「竹隠」で、春と秋に恒例となりました、松花堂「日曜茶席」を開催します。
秋は、10月〜11月の各日曜日。春は3月〜5月の各日曜日に開催いたします。
日曜茶席は、どなたでもお気軽にお茶を楽しんでいただけます。初心者の方でも大歓迎。いっしょにお楽しみください。

【日時】3月〜5月/10月〜11月の各日曜日
午前10時〜午後3時
※10月第2日曜日は開催しません。
【本席】庭園茶室「竹隠」
【席料】600円(季節のお菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075-981-0010
使用している画像、文章等の著作権は全て財団法人やわた市民文化事業団に属します。