観て 食べて 学び ふれあう 優美で優雅な癒しの空間
松花堂庭園・美術館 お問い合わせ
コンテンツ
松花堂庭園・美術館
主要な催し物
庭園のご案内
庭園散策
春の庭園
秋の庭園
入園料・施設使用料
松花堂グッズ
松花堂昭乗物語
松花堂弁当の起源
松花堂弁当の起源
休館日・開館時間
アクセス・交通
サイトマップ
リンク
個人情報保護法に基づいて
やわた市民文化事業団HOME
八幡市文化センターHOME
主要な催し物
※拡大マーク拡大マークが付いた写真をクリックすると、拡大チラシ(PDF)がご覧いただけます。
平成29年初夏展 異国へのあこがれ
現在開催中の展覧会は、
平成29年初夏展  
 異国へのあこがれ

です。

 
 作品リストはこちら 
 
 四方を海に囲まれた日本では、海を越えてもたらされる異国の文化によって、想像力をたくましくし、また内省を重ねながら、独自の文化を培ってきました。
 松花堂昭乗(1584〜1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも例外ではなく、異国に対するあこがれを抱き、それを受容しながら、時代の文化を紡ぎました。あこがれの対象となるのは、多く中国の人物や風物、そして、そこから生み出される情感まで、多様です。
 例えば、昭乗の代表的な書である「百人一首色紙帖」(松花堂美術館蔵)の料紙には、1枚だけ安倍仲麻呂の歌を書した紙に、中国風の紙(唐紙)が用いられています。渡唐し、その地で没した先人への敬意が込められているようです。また、中国北宋時代の蘇軾(1036〜1101)は、東坡(居士)と号し、諡は文忠、日本でも有名な詩人のひとりです。その姿は多く描かれ、蘇軾に対するイメージ形成の上で、大きな役割を果たしています。

 本展では、蘇軾を描いた2種類の像を展示しながら、それぞれに読み取られるイメージの違いについてもご紹介したいと思います。そのほか、約40点の作品を展示します。

会期 : 平成29年527日(土)〜72日(日)

 ・開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
 ・休館日 : 月曜日
 ・入館料 : 一般400円・学生300円・高校生以下無料
       (20名様以上団体割引)〈庭園共通券〉一般760円・学生570円

 
 ☆ 江戸の中国趣味 <ミニトーク>
    6月30日(金) 午後4時より(約30分) 
    講師 : 影山 純夫
       (当館学芸顧問、神戸大学名誉教授)  
   
    *参加無料(観覧料が必要です) / 要申込
    *申込方法 : ご来館またはお電話・FAXにて
                事前にお申し込み下さい
            定員になり次第、締切となります

 ☆ 学芸員による展覧会みどころ解説 <ギャラリートーク>
    6月3日(土)、17日(土)、24日(土)
    各日午後2時より展示室にて
    *申込不要(観覧料が必要です)

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 
            614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43番地の1
            Tel:075-981-0010 / Fax:075-981-0009
松花堂 七夕茶会


大学生によるお茶会を、2週にわたり開催いたします。
松花堂のお茶室にて心を込めたおもてなしをいたしますので、ぜひご参加ください!

 ・日時 : 平成29年72日(日)
         京都橘大学表千家流茶道部


       平成29年79日(日)
         立命館大学茶道研究部(表流・裏流)


        いずれも午前10時〜午後3時

 ・場所 : 松花堂庭園茶室「松隠」(広間)
 ・お茶席券 : 300円 (別途、庭園入園料が必要です)


 ・主催 : 公益財団法人 やわた市民文化事業団
 ・共催 : 京の七夕実行委員会
 ・協力 : 京都府 立命館大学茶道研究部 京都橘大学表千家流茶道部

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 
          【Tel:075-981-0010 / Fax:075-981-0009】

京の七夕協賛事業
 〜短冊に願いを込めて〜 
会期 : 平成29年7月1日(土)〜7月23日(日)
震災からの復興、家内安全、成績向上、恋愛成就などなど、
みなさんの願い事を短冊に気持ちを込めて−

短冊は、松花堂庭園事務所・吉兆松花堂店でお渡ししています

 
松花堂こども「和ろうそく絵付け」体験教室
 

京都の伝統工芸品である「和ろうそく」について学びながら、
オリジナルのデザインを絵付けしませんか??
夏休みの宿題にも夏休みの宿題にもおすすめです!


日時 : 平成29年8月20日(日)
     10時〜12時 14時〜16時

会場 : 松花堂庭園・美術館 別館
定員 : 各回20名(主な対象 小学生)
参加費 : 500円(材料代込/当日徴収)
申し込み : お電話・FAXまたはご来館にてお申込ください
       <電話>075-981-0010 <FAX>075-981-0009

 
7月8日(土)より受付開始です

主催 : 八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)
協力 : (有)中村ローソク
松花堂 納涼寄席
恒例の納涼寄席を開催します。
残暑も吹き飛ばす落語会にご期待ください!!


出演 桂雀三郎・桂米平・桂しん吉・桂雀五郎・桂弥っこ
演目は当日のお楽しみ!!

日時 : 平成29年8月27日(日) 
      開場 午後3時30分/開演 午後4時

場所 : 松花堂庭園 別館ギャラリー(庭園内)
料金 : 一般(自由席) 1,800円 (当日2,000円)

    *ただし前売で完売の場合は、当日券の発売はありません。
  ☆吉兆の特別弁当付きチケット 6,000円 (入場料+特別弁当代)
    *特別弁当付きチケットの販売は、八幡市立松花堂庭園・美術館のみとなります。
チケット取扱い : 
    松花堂庭園・美術館  Tel : 075-981-0010
    八幡市文化センター  Tel : 075-971-2111
    八幡市立生涯学習センター(窓口販売のみ)

お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 【Tel : 075-981-0010】
制作協力 : 米朝事務所
 
チケットは好評発売中です
本松進一 傘寿記念油彩画展
石清水八幡宮や松花堂など、八幡市ゆかりの作品も多く描いている
本松進一の傘寿記念油彩画展を開催いたします。


 ・日時 : 平成29年9月17日(日)〜24日(日)
       
 午前10時〜午後5時 
           *最終日は午後4時まで

           *9月19日(火)は休館日            
 ・場所 : 八幡市立松花堂美術館 講習室
 ・観覧料 :  無料


共催:公益財団法人やわた市民文化事業団

【お問い合わせ】八幡市立松花堂庭園・美術館
         tel : 075-981-0010 / FAX : 075-981-0009
松花堂 香道教室 受講生募集


御家(おいえ)流香道の師範 増田堯興氏を講師に迎えて、
香道の歴史から聞香・組香の体験まで、
天然香木の香りとともにイマジネーションの世界へいざないます。

講師 : 御家流香道 師範 増田堯興

プログラム : 全5回 
      第1回 香道の歴史・香木の説明  <10月14日(土)>
     第2回 香りを楽しむ         <10月28日(土)>
     第3回 香りを聞き分ける     <11月11日(土)>
     第4回 組香を楽しむには     <11月18日(土)>
     第5回 組香を体験する
          <12月16日(土)>
 
*午前の部 10時〜12時 / 午後の部 1時30分〜3時30分

会場 : 松花堂庭園・美術館別館ほか
参加費 : 6,000円 (5回分) 

        ご来館またはまたはお振込にてお支払ください
募集人数 : 午前・午後 各回定員12名(定員になり次第締切)
申込方法 : お電話または来館にてお申込ください
 7月1日(土)より受付開始

主催 : 八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)
お問い合わせ・お申し込み : 

       八幡市立松花堂美術館 〒614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43-1
       Tel : 075-981-0010 / Fax : 075-981-0009
国指定 名勝「松花堂及び書院庭園」
松花堂庭園の内園及び内園に通じる通路周辺が名勝に指定されました。
指定範囲は、草庵松花堂や泉の坊書院、東車塚古墳後円部の
築山などで構成される内園全体と、東高野街道に通じる松花堂旧正門
から女郎花塚を経て内園に通じる石畳周辺(内園導入部分)です。
これにより松花堂庭園では、昭和32年に指定を受けた国指定史跡
「松花堂及びその跡」
とともに、国指定名勝「松花堂及び書院庭園」
が、国の重要な記念物(文化財)として登録されることになりました。
◇名勝指定
松花堂及び書院庭園は江戸時代後期の遺風を伝えるとともに、近代に特有の
景物の在り方が随所にみられ、その芸術上の価値および近代日本庭園史に
おける学術上の価値は高く、名勝に指定し保護を図るものです。
◇松花堂及び書院庭園の構成
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部
2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭
3.書院の東西に展開する枯山水
4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など
の計4つの部分からなります。
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部

 

2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭



3.書院の東西に展開する枯山水



4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など



 
松花堂 月釜会
松花堂昭乗の遺徳を偲び、毎月第2日曜日に開催するお茶会。
一般の方もご参加いただけます。

【日時】毎月第2日曜日
午前10時から午後3時
※1月8月10月は開催しません。
【場所】庭園茶室「松隠」
※お茶席は変更する場合があります。
【席料】800円(お菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075−981−0010
松花堂 日曜茶席
日曜茶席松花堂庭園の茶室「竹隠」で、春と秋に恒例となりました、松花堂「日曜茶席」を開催します。
秋は、10月〜11月の各日曜日。春は3月〜5月の各日曜日に開催いたします。
日曜茶席は、どなたでもお気軽にお茶を楽しんでいただけます。初心者の方でも大歓迎。いっしょにお楽しみください。

【日時】3月〜5月/10月〜11月の各日曜日
午前10時〜午後3時
※10月第2日曜日は開催しません。
【本席】庭園茶室「竹隠」
【席料】600円(季節のお菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075-981-0010
使用している画像、文章等の著作権は全て財団法人やわた市民文化事業団に属します。